自分の生活スタイルに合った住まいで暮らそう

>

最適なリフォーム時期を見極めるために

それぞれのリフォームにかかる費用を知ろう

部分リフォームをする場合、50万円から200万円を予算とすると、どのようなリフォームが可能なのでしょうか。
例えば、リビングのリフォームを例に挙げてみましょう。
予算50万円では壁やフローリングの変更など。予算200万円では、システムファニチャーの設置など。予算ごとにだいたいこのようなリフォームが可能です。
自分が決めた予算内でできるリフォームを探すのか、絶対にこのリフォームをしたい、という内容から予算を決めるのかは自由ですが、自分の要望をリフォームによって叶えることが一番重要ですので、リフォーム業者ごとの見積もりはしっかり行いましょう。
後悔の無いリフォームのためには、自分が用意できる予算をいかにうまく使うか、ということもポイントになってきます。

50万円からでも!少しずつリフォーム

予算50万円ほどでリフォームできる箇所はたくさんあります。
もちろんリフォーム業者によって差はありますが、どのようなリフォームができるのか、いくつか紹介しましょう。
たとえばダイニングや寝室などの、壁床の張り替えなどは比較的低予算ですることができます。このリフォームによって、住まいの雰囲気をがらっと変えることもできるでしょう。
また、老朽化が目立ちやすいトイレや洗面台でも、トイレを和式から洋式にしたり、洗面台を交換したりするリフォームはおおよそ50万円ほどの予算でも可能です。
部分ごとの組み合わせでリフォーム代が安くなる場合もあるので、リフォームしたい箇所が決まったらさっそく見積もりをしてみましょう。